« 都だねぇ~ | トップページ | ネガティブツーリングorz »

2007年5月20日 (日)

Clio祭(Clio-Lutecia Japon Festival)に向けて。

Spict0008_1
鈴鹿ツインサーキット」で6/2に行われる、「Clio/Luteciaの走行会」に向けてwillyを整備に出してきました。もちろん、今の主治医であるレマンカーズです。今回はブレーキ周りとエンジンの点検でした。

Spict0003_4
ブレーキ周りは主にフロントのローター&パッド交換とブレーキオイルの交換です。ローターは色々と選択肢がありますが、純正パーツにしました。純正だけど箱はマレリーで、昔のルノー純正パーツ箱に劣らず、持ち帰ってガレージに飾りたい逸品です。

Spict0001_6 Spict0002_3
ローターは新車時から一度も交換していませんでした。6万数千キロ12年の使用でしたが、寿命を迎え、波も打っており潮時だったようです。

Spict0006_3
パッドは平成14年8月の請求書があったので、2万数千キロ5年の使用のようです。厚みは十分にあるようですが、ローターも替わったことですし交換しました。物は同じAPロッキードのTYPE-ZCをと思っていましたが、輸入元が扱わなくなったらしく、ディスコンになったようです。

Spict0004_4
そこで今回はレマンさんが扱っている「株式会社 クランツ」の「ギャルビン・アウトシュポルト」なる物を選択してみました。純正ローター+ZCでは十勝やTIでもブレーキが終わってピットへ引っ込むなんてことは無かったので、今回のこの組み合わせがどうなるか楽しみですね。ブレーキダストも少なめらしいので余計に楽しみです。

後は当日に雨が無ければ上々です。九州で禊ぎは済ませているので、期待したところですな(^^;;

|

« 都だねぇ~ | トップページ | ネガティブツーリングorz »

ClioWilliams」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178304/15136930

この記事へのトラックバック一覧です: Clio祭(Clio-Lutecia Japon Festival)に向けて。:

« 都だねぇ~ | トップページ | ネガティブツーリングorz »